紫外線・ブルーライト・近赤外線 3つの光による光老化とは?

肌の老化は、加齢による老化が2割程度で、太陽光などによる光老化が約8割といわれています。その肌の光老化の主な原因は、太陽光線に含まれる、紫外線(UV-A、UV-B)とブルーライト、近赤外線です。

今までは光老化といえば紫外線でしたが、近年、紫外線降り注ぐ量が多く、肌の筋組織にも到達する近赤外線の及ぼす影響は、紫外線以上ともいわれています。

近赤外線は太陽光だけでなく、携帯電話、テレビやパソコンのモニター、リモコン、電球など、屋内における日常生活の中にも存在していますので、肌老化の視点からは屋内でも注意が必要ですが、使い方によっては医学的にプラスに働く光線です。



それぞれの光の特徴と肌への影響

【紫外線 UV-A】
肌の黒化、シワ・タルミなどの促進
UV-Aは、日ざしを浴びた後に、肌をすぐ黒くする紫外線です。雲や窓ガラスなども通過して、肌の奥深く真皮まで届き、シワやタルミなど肌の光老化を促す原因となります。

【紫外線 UV-B】
肌の炎症、シミ・ソバカスの生成
UV-Bは、主に表皮に強く作用して、日ざしを浴びた数時間後に、肌に赤く炎症を起こす紫外線です。メラニンを増加させて日やけによるシミ・ソバカスの原因を作ります。こうした日やけのくり返しも光老化につながります。

【ブルーライト】
可視光線に含まれているブルーライトは、紫外線よりも肌の奥へと届く、エネルギーの強い光です。メラニン色素を発生させて色素沈着を引き起こすと言われ、シミ・くすみの原因となります。

【近赤外線】
近赤外線は波長が長く、紫外線、ブルーライトよりさらに真皮の奥深く、皮下組織や筋肉にまで到達するといわれています。真皮にダメージを与えることで、肌のハリや弾力が失われて、シワ・たるみの原因となります。

 

光老化対策

日焼けを防ぐ「SPF」、「PA」の目安

光老化による肌へのダメージは、徐々に蓄積され、少しずつ表れてきますので、毎日、屋内にいるときも、日焼け止めを習慣にするのがおすすめです。

3つの光(紫外線・ブルーライト・近赤外線)を防ぐアイテムを使用してしっかり肌を守りましょう♪

Karenオススメ、美容液レベルの日焼け止め

↓↓↓

パーフェクトUVディフェンスモイスチャーベールEX 

 

PE ザ ホワイトゴースト UV ベースクリーム-40g-